これだけは知っておきたいマンションの買い方基礎知識

  • -

これだけは知っておきたいマンションの買い方基礎知識

立地だけは必ず調査しておく

マンションの広告は新聞折り込みやポストのチラシに入っているのをよく見かけると思いますが、多くの場合、チラシや広告はマンションをほしがっている人の欲望を掻き立てるような内容になっているのですね。チラシや広告を見ると思わず自分もこのマンションなら絶対にほしいと思って掲載されている電話番号に問い合わせてしまいます。ただ、マンションの見た目が良くても実際に住むといろいろな不満が出てくるのです。その一つが立地なんですね。

駅から近ければいいというわけではない

立地というと、多くのマンションが重視しているのは利便性です。駅から徒歩5分とか、徒歩3分という距離が一つの大きな価値と考えているからです。ですが、駅から近いというだけでマンションの購入を決めるとほかにさまざまな問題が出てきたときに後悔をすることになってしまいます。よくある問題点が、近くに飛行場があり飛行機の飛ぶ音がうるさいという場合です。また、駅前ゆえに繁華街があり、ガラの悪い人が行き来していることなどですね。

チラシや広告に載っていない環境面をチェック!

騒音問題については、不動産会社が作っているパンフレットには出ていませんし、その場合は販売担当の営業マンに近隣の環境を聞いておいたほうがいいでしょう。また、駅に近いことで便利な反面、繁華街に近いということは必ずチェックをしておく必要があります。特に高校生以下の子供がいる家庭では、街の治安は大事になります。そこに何年も住み続けるのであれば、環境という意味での立地は重視しておいたほうが後悔のないマンション選びができるはずですよ。

新築マンションが売られるようになり時間がたつと、場合によって一部の部屋は売れ残ることがあります。こういったときは値段が安くなることもあるので、買いどきです。